某自転車ブランドで働いています。チーム埼玉県人所属 ロード・MTB、自転車に関することや、いろいろ書いていこうと思います。


by yuichibike
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ユタから帰ってきました

来月から入社する、S社の2010年ディーラーカンファレンスがユタ州のソルトレイク郊外のSnow Bird Summer & Ski Resortで行われ、S社から招待されたので有給消化もあり、ソルトレイクに行くことにしました。
7月9日から14日まで、2010年モデルの紹介の講義、試乗会となりました。
b0136130_2243828.jpg

日本を出発し、ソルトレイクシティに着くまで、基本的に爆睡したので、時差ボケなしで米国に上陸。
Snow Birdまではバスに乗って1時間ほどでした。
Snow Birdは標高2400mの高地で、空気が薄かったです。

講義ではPerformance Road, Performance Mountain, ATB/kids,Globe Series,SBCU,Equipments,BG Fitなど様々なアイテムについて、日本のディーラーさんと一緒にお勉強させていただきました。
S社のバイクの開発陣の熱意や最新技術の説明を受け、会社が掲げるInovate or Die(革新か死か)をまさに体現していました。本当にバイク好きな人たちが作っているんだと感銘を受けました。

b0136130_22533737.jpg

b0136130_22541992.jpg
b0136130_22544516.jpg
b0136130_22551157.jpg
b0136130_22553612.jpg


2日目の午後はロード試乗会がありました。
ロードは初日に最新のTarmac SL3の説明を受けていたので、どれほど凄いものなのか試してみたかったので、Roubaix SL2と比較して乗ることにしました。
まずはRoubaix SL2はルーべの名のごとく振動吸収性に優れロングライドでも疲れないなぁと感じました。
それから、Tarmac SL3へ、Di2付きも気になっていたのですが、まずはSL3 SL(Sram Red仕様)を乗りました。
先ほどのRoubaixはコンパクトクランクが付いていたのですが、Tarmacはノーマルクランク。
それなのに、コンパクトクランクをまわしているかのような爽快感。翼の付いたバイクでした。
その凄さに圧倒されました。

b0136130_23172385.jpg

硬くてしっかりとしたフレームでありながら、ゼルツシートポストのお陰もあり、快適性もあり今まで乗ったロードバイクの中で最高の一台でした!
来年はTarmac SL3 SLで考えようと思います。

また、4日目の午前中はマウンテンの試乗会でした。
前日にLegendであり、SpecializedではCaptainと呼ばれる、伝説のクロカンライダー、ネッド・オーバーエンドと食事会場で会い、一緒にライドする約束をしてくれました。
b0136130_2336097.jpg

そしてライドではまず、S-Works 29er HTを試すことにしました。
これはGFに独占されている29er市場に食い込めるリーサルウェポンだからです。
しかも。Sram XX 2x10を搭載したリアルクロカンマシン!

b0136130_23413754.jpg
b0136130_23421633.jpg

b0136130_2352297.jpg
b0136130_23534139.jpg
b0136130_23543382.jpg
b0136130_23545071.jpg


これに乗って、さのさかのような激坂を2,700mまで登り、下ってきました。そしてシングルトラックでも回頭性もよく、段差でも岩場でも怖くない走りができ、レースで十分に使えるバイクだという事が分かりました。
できれば、来シーズンのクロカンバイクに使いたいところです。

その後はNedとEpicに乗って、ライドを楽しんで終了しました。
とても楽しいライドになり、Nedからも「お前、なかなか速いな」と言われ、ちょっと嬉しかったです!

b0136130_23591084.jpg


そんなこんなであっという間の6日間でした。
また来年も行けるといいなぁと思いました。

本社の人たちとも話もできたし、Japanのスタッフとも交流ができたので、8月から働くのが楽しみになりました。
[PR]
by yuichibike | 2009-07-15 22:37 | 自転車