某自転車ブランドで働いています。チーム埼玉県人所属 ロード・MTB、自転車に関することや、いろいろ書いていこうと思います。


by yuichibike
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

W杯

昨日は日本対カメルーン戦でしたね。
結果は皆さんご承知のように1-0で勝ちました。

今回の岡田Japanには全く期待していなかったので、全敗するだろうとの予想とは裏腹に両サイドの松井、大久保が良く走り、ボランチの長谷部、遠藤が攻撃をサポート。
阿部が闘莉王、中沢との距離を上手く保って、守備で貢献していました。
得点した本田は当たり負けしないで、前を向ける力強さがありましたね。

後半は流石に走り疲れて、マークがずれて危険な場面が何度もありましたが、後半は矢野、岡崎と全戦でディフェンスできる選手を入れ、走り回って落ちてきた長谷部の代わりに稲本を入れるあたりは、ちょっと納得は行かないですが、守りを徹底するには良かったのかもしれませんね。

個人的には、松井の交代の時に森本を入れて本田を右MFで森本のワントップという形で、攻撃できるシステムで相手陣内でプレーして、相手の攻撃を抑えるアグレッシブな戦術を取って欲しかったです。

次はオランダ戦です。
はっきり言って負けます。
どれだけ点を取られないかが鍵になると思うので、ドイツ戦のオーストラリアのようにならないようにしないといけませんね。

スナイデルやファンペルシも要注意ですが、実は一番厄介なのが、カイトなんでよね。
セカンドボールに寄せてくるのは必ずカイトですし、豊富な運動量で相手の守備をかき乱すことができます。
これにロッベンが加わると、最強ですが、おそらく決勝トーナメントを計算してロッベンは温存してくると思います。
ロッベンが居なくても、グループリーグを突破できるので、日本はオランダ戦では0-0でいければいいですね、2戦目なので、オランダもまだアクセル全開ではないので、日本は守りを固めて、後半にフレッシュな守備的な選手を入れて、森本のワントップであとは全員守備でカウンター狙いが一番良いと思いますけど。

さぁ、岡田Japanはどんな戦いをするんでしょうかね?
[PR]
by yuichibike | 2010-06-15 12:05 | その他