某自転車ブランドで働いています。チーム埼玉県人所属 ロード・MTB、自転車に関することや、いろいろ書いていこうと思います。


by yuichibike
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

久々のアップです

久々のBlog Upです。

ディーラー向け展示会や、全日本選手権など、忙しくてアップしていませんでした。





7/13,14は大阪、7/21,22は東京でウチの会社のディーラー向け展示会がありました。

展示会の前日から搬入やディスプレイ、あとからエアで飛んできたバイクの組み立てをしたり、準備も忙しく、展示会当日も商品説明で忙しい日々を過ごしていました。

2011年のラインナップはもう雑誌やネットなどでご存知の方もいらっしゃると思いますが、ロードでは予想通りにRoubaix SL3が発表になり、マウンテンではトレイルバイクの代表になるであろうCamberがお目見えしました。

そのほか、Tarmac SL3はプロ選手からの要望により、フロントフォークの形状が変わり、フロント周りの剛性が上がっています。
といっても、ホビーライダーには分からないくらい、元々剛性はありましたけどね。剛性上がってます!

ロードはExpertクラスまでSL3構造になっています。グラフィックもかっこよくて、なかなかいい感じです!

マウンテンはEpicがフルモデルチェンジになりました。
S-Works Epicは軽量化および剛性がUpしています。Sauserが世界戦で優勝したときに軽量パーツを駆使して軽量化した旧モデルのEpicよりデフォルトの状態で軽くなっています。ちなみにペダルなしで9.4kgです。
あと、一番のフラッグシップはS-Works Epic 29er!コレデス!コレ!
日本では限定で初回オーダーのみ受付で台数限定となります。
フレームは26inchのEpicと同じく、軽量且つ剛性が高いバイクに仕上がっており、FフォークはREBA S29が完全リニューアル!SRAM/SpecializedのダブルネームでREBAがなんとBrainになりました!
また、29erはカーボンリムのRovalホイールを装備しています。コレもまた軽いです!
実は自分は5月に台湾で実物を見ていたのですが、超軽量で、リムの強度もアルミ以上で剛性の高い軽量ホイールとなっています。
また、2010年の29erでは2x10のフロントチェーンリングがXXの39x26で、インナーローでも厳しい登りがありましたが、38x24のフロントチェーンリングが付いてくるので、29erでも楽に登れますよ!
いろいろと、他社の完成車ではやれない事をやっているので、痒いところに手が届くバイクになっています。
ちなみに、自分はオーダー入れました!来年の飛び道具ですね!
S-Works MTBではHTが一押し!
26inchはフレーム単体で920g、29inchで1049gでSL3工法で作られています。
エンド部もカーボンにすることにより、軽量化を果たしています。
HTは完成車の状態(SRAM XX、Specialized F Fork、Roval Control SL)で8.4kgを実現しています。
29erは完成車は約9kgと軽量です。HTももちろん、F ForkはBrainで、ホイールはカーボンの予定です!

フラッグシップはさておき、今年の一押しはCamberです。
前後120mmストローク、複雑な機構を持たないため、入門バイクとしてもお勧めバイクです。
もちろん、MTBでトレイルを走られている方でも、懐が深く、場所を選ばず走れるトレイルバイクに仕上がっています。
価格も17~26万でお買い求め安い価格になっています。

8月7、8日の富士サマーキャンプでは試乗車としてブースに置きますので、来場される方は是非乗ってみてくださいね。(って、このブログを見ている人はサマーキャンプには来ないかな・・・)


仕事はさておき、ライドの方は土曜日はロード練、日曜日はMTB練してましたが、紅の豚の名言「飛べない豚は、ただの豚さ」の「ただの豚」になっています・・・体重オーバーで全く登りが登れないので、白馬は諦め、富士見に向けてダイエット大作戦を決行して、「飛べる豚」になろうと思います。

3連休の最終日はMTB全日本選手権を観戦&サポートに行ってきました。
男子マスターではいつもレースで一緒になる人や、エリートの知り合いの人を応援しました。
U23はケースケの応援、女子は梨絵ちゃんの応援&サポート。
エリートはチーム埼玉県人のサポートをしていました。

ケースケは残念ながら2位でしたが、途中切れそうになる気持ちを奮い起こして頑張る姿はとてもすばらしかったです。ゴール後の涙は来年へのリベンジに繋げて欲しいです。
b0136130_13262711.jpg

梨絵ちゃんはスタート前にがっちり握手して、7連覇を誓いました。
やっぱりロードやMTBのW杯での成績が現すとおりの、ブッチギリでの7連覇!かっこよかったです!
b0136130_13274184.jpg

男子エリートは山本幸平のダントツ。ゴール後に倒れるほどに体調不良だったにも関わらず、2位以下に背中も見せないほどの圧倒的な強さは、本物でしたし、日本に幸平を倒せる選手は居ないと感じるほどに凄かったです。

そんな全日本を外から見て、自分も来年はマスタークラスで走るぞという気持ちと、今シーズンの残りをできるだけ頑張って走って、まずはエキスパート残留、そしてシクロクロスに繋げられたらと、いろんな人からたくさんの刺激を受けました。

でも練習は結構頑張ってるんだけど、なかなか実にならないです・・・
平日もローラー台やって頑張らないと、ダメですね。
今週から頑張りまっす!
[PR]
by yuichibike | 2010-07-27 13:28 | 仕事