某自転車ブランドで働いています。チーム埼玉県人所属 ロード・MTB、自転車に関することや、いろいろ書いていこうと思います。


by yuichibike
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サボってました

この一ヵ月半ブログをサボっていました。

特に忙しいわけでもなく(時々忙しかったけど・・・)、なんとなく書く気が沸かなくてサボっていました。

9月、会社のDEMOバイクの2011年のEpicをレンタルして9月の前半から富士見のレースまで使って遊んでいました。
実は、S-WORKS 29er HTをモリタロウに放出したからなんです。
いろいろと事情があり、2011年の29erHTのテストバイクを入手することができそうだったので、モリタロウも成績が出ないで苦労していたので、思い切って先行放出してしまいました。

てな訳で、Epicに乗ることになったんですが、Epicは今年モデルチェンジしました。
フロント周りのフレームワークはもちろん、リアが思いっきり変わりました!
もう、ウチのHPで見られたり、各自転車雑誌で見られているかと思いますが、とても凄いバイクになっています。
リアは142+という規格のリアハブで12ミリスルーのアクスルにすることによりリアの剛性が格段に上がっています。下りでコーナーに進入してもタイヤのグリップは感じますが、リアホイールがよれる感じが一切感じられませんでした。

また、フロントも昨年比で剛性があがり、トータルで重量、剛性ともにKing Of XC Bikeになっています。
バイクはクリストフ・サウザーが世界戦で優勝したときにEpicを軽量化したBikeのものを上回る重量に仕上がっていますので、そのままで十分な軽さを誇っているので、ポジションさえ合わせれば、そのまま山で楽しめるバイクに仕上がっています。ただ、2011年のバイクのトレンドなのか、ハンドル幅が680mmと広いので、ハンドルはカットするか、別のものに代えるかするのはありかと思います。

てなわけで、Epicの慣らしを2週間して9月20日のJ1富士見に備えました。
8月の白馬の時は体重10kgオーバーだったので、必死にダイエットして5kgオーバーまで戻してのレースになりました。

レースは9月20日、その前に夏休みを取ったので、家族とディズニーランド、ディズニーオンアイス、那須へ家族旅行など様々な家族行事が立て込んでいて、なかなか練習に集中する時間をもらえずにいましたが、白馬のときより調子が上向きになってきていました。

さて、レースの方はというと、Epic効果とダイエットのお陰で、白馬の時よりも上りで頑張れるようになったので、69位とポイントゲットできるところまで戻せました。去年自分の後ろで走っていた人達が今年は自分の前を走っていたのですが、そのうちの何人かは抜かす事ができて、とてもいいレースができました。
もっと頑張れると思えるレースができたので、次回の瀬女で頑張ろうと思いました。
この時点で、ランキング119位と残留ライン120位から超ギリギリラインなので、瀬女と白馬でポイントを取ってなんとか残留頑張ろうとおもいました。

翌週はGP Mistralの第一戦に参戦。
今年最初のシクロクロス。そしてC2でのレース。C2残留を賭けてのレース。着順で66%以内に3回入るか、25%に1回入るかで残留が決まるので、残留のために必死にがんばりました。
スタートは飛ばして途中までトップで走り、タレくるのをできるだけ食い止めて喰らい着く作戦で行きました。
タイヤも前日に台湾でテストしてみてくれと言われたChallengeのオープンチューブラータイヤをに交換して、臨戦態勢で臨みました。結果は14位?で一回目の66%をクリア。
あと2回66%に入れば、残留なので、次も何とか頑張ろうと思いました。

それから、1週間後、とうとうお待ちかねのテストバイクが届くとの連絡が!
パーツもそれに合わせて、SRAM XXを購入していたので、いつ来るか楽しみ!
そうじゃなかったら、家にあるアルミのEpicで参戦予定だったので、何とか間に合ってくれる事を祈っていました。
その後、10月4日にお待ちかねのバイク到着!
ちょっと残念だったのは、フォークのクラウンとステアチューブがアルミでしたが、RockShoxのReba S29にBrainが搭載されていて、なかなかのフォーク。
そしてフレームはというと・・・超軽量!!!びっくりするくらい軽量で2010年モデルと比べて100gの軽量化とは思えない軽さでした。
もう待ちきれず、その日のうちに組み立て。翌々日には自走で持ち帰り、木曜日に有給を取って走りに行きました。
いつもの県人練習コースをフルで走り、くだりのフィーリングも、上りの軽快さも感じながら、軽くポジション出すして、瀬名に備えました。

瀬名ですが、その週末。コースは熊が出たり、コースの一部が崩壊したなどの影響で、ハイスピードコースになっていました。
週末に現地に行くと、大雨・・・でも試走だけはしておかないとと、2周だけ試走して宿へ行きました。
大学の研修所だったので、合宿所的なノリでしたが、食事も美味しく、良い宿でした。

さて、レース当日、天気は曇り、雨、晴れを繰り返す変な天気。
今回はしっかりとウォームアップし、心拍も上げて召集へ。
スポーツでは山本先生タリバン兵がランデブーしながら頑張っていました。
コースを見ると、マッドな区間もあるので、LKのノブカットに変更。
タイヤも、バイクもばっちり、あとは動力となる自分だけ。。。
そしてエキパ召集です。
もうランキングが下のほうなので、スタートは後方でいつも通り。
スタートしてすぐに沼地、そしてアスファルト、そして砂利の上り。
今回は後方でありながらも、ちゃんと集団について行けます。
いつもなら見えない選手にもついて行けるので、頑張って着いていきました。
そして、平坦区間ではシクロクロスのお陰か他の選手より早く走れたので、平坦区間と上りでガンガン抜きました。そしてコースで一番の下りでは前との間隔をあけて、落者に巻き込まれないように上手くライン取りして走り、どんどん抜かします。
3周目でフィードゾーンで「この周回で終わりだから頑張れ!」との声。
レッドブルのボトルを取り、最周回と重い走りましたが、なんとタイムアウトにならず、もう一周行く事になりました。
フィードでジェルをもらってもう一分張りと思ったその時・・・
フィードにダレも居ない・・・
みんなタイムアウトになると思って、退散していました・・・
ここでガッカリしていられないので、ここからもう一分張り!
最初の上りで数人抜いて、平坦区間で前のパックに追いつき、下り前の上りで抜かし、下りで後方を放すといった感じで走り、最後にタイムアウトのテントの前でスプリントしてもう一人抜いて終了。
47位。今シーズン最高の成績でした。なんだか充実したレースになり、とてもよかったです。

そして先週末です。ラストレースの白馬J2.スノーハープで24時間の前に全クラス一斉スタート。エキスパートは4周。ヨーイドンでスタートして最初のコーナーで後ろから追突されました。そのお陰で玉突きで前の選手のリアタイアにヒット。自分の体が前方に移動したときにサドルが思いっきり前下がりに・・・
これではまともに走れないと、必死にサドルにドスンドスンとお尻で戻しながら走ったため、なかなか前を追えません。そして、なんとかサドルが座れる状態になったので、そこから追いかけました。
30位でフィニッシュ。なんとかポイント取れて、これで残留決まったかな?という感じです。
最終リザルトが早く出ないか待ち遠しいです。
モリタロウも29er効果か?富士見、瀬女、白馬と好成績で残留を決めてよかったです。
ランキング発表次第ですが、来年は旦那、千葉さん、山本先生と自分の4人がエキパで走る予定なので、チームメイトには負けない走りをしようと思います。

今年は最初から調整不足で体重を落とせなかったこと、仕事が変わり環境の変化で練習が思うようにできなかった事などがあり、なかなか調子に乗れない自分が居ましたが、最後は夏休みの宿題を8月31日にやる気分でなんとか最後に残留を決められました。
来シーズンはこんなことではいけないので、上を目指すべく練習して、エキスパートで完走とランキング50位以内を目指して頑張ろうと思います。

でも、その前に、クロスもC2残留を掛けて走るので、クロスも頑張りつつ、来年のベース作りに入ろうと思います。

今週末はGP Mistral。今回も66%以内に入れるように頑張ります!
[PR]
by yuichibike | 2010-10-19 12:46 | 自転車