某自転車ブランドで働いています。チーム埼玉県人所属 ロード・MTB、自転車に関することや、いろいろ書いていこうと思います。


by yuichibike
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2009年 09月 08日 ( 1 )

埼玉県人練9/6

週末は土曜日の午前中は、嫁さんが保育園の役員会だったので、自宅で子供と遊び、午後からの出発となりました。
いつもなら、山へ向かうのですが、土曜日は海が見たくなって、葛西臨海公園まで行ってきました。
午後から夕方にかけて荒川CRで葛西まで。
帰りはもう夕方で暗くなってきてしまいました。
もうすっかり秋なんですね。
日が暮れるのも速くなってきましたね。

日曜日は恒例の埼玉県人練。
メンバーはヤマベッティーニ、モリタロウ、K林さん、教祖と自分。
エリート3人、元エリート1人と練習なので、とても分が悪いですが、それはいつもの事。
とにかく必死で付いていきます。
下りは相変わらずS-WORKS Stampjumper Carbon HTと、タイヤの限界が分からないので、少しスピードを落として走ります。
今回からフロントにNed OverendシグネチャーのThe Captain、リアにはChristoph SawserシグネチャーのSawserwindを履いて走りました。
関東ローム層の奥武蔵の山では、Fast Trak LKに比べてタイヤの安心感が出て、なかなか良い感じで走れました。
今回のコースはいつもの逆走というのがテーマだったのですが、下りは路面がスリッピーで危険でした。そしてちょっと下っては長い登りちょっと下っては登りと基本は登り基調でかなりいい練習になりました。
教祖は6インチストロークバイクで登場し、下りを満喫と言いたいところでしたが、今回は登り基調だったので、楽しめなかったかな・・・?

そんな感じで週末2日間はかなり濃い練習が出来ました。

そして夜にはモリタロウ夫妻が遊びに来てくれてご飯をウチで一緒に食べました。
楽しい週末は終わり。
いつもの現実へ。

ところで、週末はオーストラリアのキャンベラで開催されたマウンテンバイクの世界選手権がありました。
日本勢は山本幸平、辻浦、小野寺がエリート、竹之内、平野、合田がU23、女子はSの片山選手。
みんな頑張りましたが、世界のトップとの実力差はかなりのものですね。

U-23ではSライダーのバリー・スタンダーが優勝。女子エリートではSライダーのレネが2位、片山選手は25位でした。
男子エリートでは去年の覇者でSライダーのクリストフ・サウザーに連覇の期待が掛かりましたが、残念ながら中位に沈みました。
本命のアブサロンは2位で1,3位はスイス勢でした。
Sライダー達は、いい結果が出てよかったです。
とくにU-23のバリーには今後期待が持てますね。
http://freecaster.tv/mtb/1007131/uci-mountain-bike-world-championship-xco

自分も次の富士見で頑張らなくては。。。(汗)
[PR]
by yuichibike | 2009-09-08 00:07 | 自転車