某自転車ブランドで働いています。チーム埼玉県人所属 ロード・MTB、自転車に関することや、いろいろ書いていこうと思います。


by yuichibike
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シクロクロスも

ディスクブレーキ使用がOKになりました!

Cyclingnewsより

シクロクロスでそこまでの制動力は必要なのかな???と思いますけど。
どれくらいの選手がディスクを使用するか、来シーズンが見ものですね。
[PR]
by yuichibike | 2010-06-23 13:01 | 自転車

J2木島平

昨日は木島平でJ2でした。
前泊で行っても良かったんですが、J2だし日帰り圏内だったし、去年とコースが変わっていないと聞いたので、スポーツのレースに間に合うように、会場入りしました。

スポーツに出場予定のY本先生がDNSだったので、知り合いの応援しながら、アップしました。
スポーツのレースを見る限り、コースはドライ。
これなら、LKで走れると思い。普通のLKで走る事にしました。

エキスパートのスタートは11時、それに合わせてアップ。
心拍も170~180に上げて、準備します。

今回は女子エリートも、同時スタートなので、女子エリートに早々に抜かれるので、先に行かせるようにと思って、召集へ。
召集は後ろから数えた方が早い位置。
もう後ろに女子エリートが・・・

スタートして最初のグラウンドのループを過ぎたあたりで、女子エリートの梨絵チャンに抜かれます。
その後は登りで上手く集団で走れそこそこの位置につけました。
1周目は登りもいい感じ、走しっていても富士見の時のような感じではなく、なかなかいい感じです。
2周目に入り、集団で走るも後ろからくる選手を放そうとしたところ、コーナーで転倒。
さらにステムがあらぬ方向に向いていたので、修正し走りますが、集中が切れてしまった状態ではどうにもならず、2周目はダラダラと走ってしまいました。
3周目はなんとか集中力が戻り、必死に追い上げました。
上りもダンシングでいつもよりギアを掛けて登れる事ができたし、回転も上げて走る事ができました。
レースはタイムアウトで3周で終わってしましたが、3周目の走りからすると、このままトレーニングを続ければ、白馬では良い成績が出せそうな感じがしてきました。

レースで冷静に走る事ができなくて、失敗してしまいましたが、今後のレースで良い走りができるような気がしてきました。
次回は冷静に走りながらも、登りではパワフルに走れるように、残りの1ヶ月頑張ろうと思います。

来月は仕事で展示会などで練習量が制限されますが、短い時間でも集中して練習できるように頑張ろうと思います。

白馬まで長いようで短いですが、頑張って練習しようと思います。
去年の好調だった自分を取り戻して、次回は完走目指します!
[PR]
by yuichibike | 2010-06-21 11:51 | 自転車

W杯

昨日は日本対カメルーン戦でしたね。
結果は皆さんご承知のように1-0で勝ちました。

今回の岡田Japanには全く期待していなかったので、全敗するだろうとの予想とは裏腹に両サイドの松井、大久保が良く走り、ボランチの長谷部、遠藤が攻撃をサポート。
阿部が闘莉王、中沢との距離を上手く保って、守備で貢献していました。
得点した本田は当たり負けしないで、前を向ける力強さがありましたね。

後半は流石に走り疲れて、マークがずれて危険な場面が何度もありましたが、後半は矢野、岡崎と全戦でディフェンスできる選手を入れ、走り回って落ちてきた長谷部の代わりに稲本を入れるあたりは、ちょっと納得は行かないですが、守りを徹底するには良かったのかもしれませんね。

個人的には、松井の交代の時に森本を入れて本田を右MFで森本のワントップという形で、攻撃できるシステムで相手陣内でプレーして、相手の攻撃を抑えるアグレッシブな戦術を取って欲しかったです。

次はオランダ戦です。
はっきり言って負けます。
どれだけ点を取られないかが鍵になると思うので、ドイツ戦のオーストラリアのようにならないようにしないといけませんね。

スナイデルやファンペルシも要注意ですが、実は一番厄介なのが、カイトなんでよね。
セカンドボールに寄せてくるのは必ずカイトですし、豊富な運動量で相手の守備をかき乱すことができます。
これにロッベンが加わると、最強ですが、おそらく決勝トーナメントを計算してロッベンは温存してくると思います。
ロッベンが居なくても、グループリーグを突破できるので、日本はオランダ戦では0-0でいければいいですね、2戦目なので、オランダもまだアクセル全開ではないので、日本は守りを固めて、後半にフレッシュな守備的な選手を入れて、森本のワントップであとは全員守備でカウンター狙いが一番良いと思いますけど。

さぁ、岡田Japanはどんな戦いをするんでしょうかね?
[PR]
by yuichibike | 2010-06-15 12:05 | その他

埼玉県人練 6/13

日曜日はいつもの場所に7時に集合でした。
朝6時過ぎに家を出て自走しました。
いつもの城山を通って、毛呂Pへ。
メンバーはK林さん、ヤマベッティーニ、モリタロウ、教祖と自分の5人。
いつものように宿谷を上り、北向地蔵へ。
今日はコースを変えて、ユガテへ。
ユガテから、先週の激登り、激下りの尾根へ行って、R299から高山不動へ・・・
高山不動までの登りはキツイので嫌だったんですが・・・No Choiceで高山不動へ・・・
登りは序盤は緩やかですが、簡易舗装に入ると傾斜がキツくなり、29erで2x10では厳しい登りですが、ちょっとヘビーなエリートのモリタロウの後を走り何とか登りきりました。
頂上ではコーラのご褒美があると信じていたのに、頂上のお茶屋の自動販売機はほとんど売り切れ・・・
コーラのご褒美はなしってことで、花立松峠から、ダウンヒル。
藪の中を下り、沢沿いに出ると岩だらけの下り。慎重に下っていると、K林さんが道に居て、バイクは沢に・・・
本人も自転車もダメージが少なくて、そのまま下り湧き水補給して、K林さんは脚を洗って、4寸道を下り、補給ポイントへ。
ここで、コーラや食べ物の補給をして、K木観音へ。
ここでヤマベッティーニがまさかの失速。
アスファルトを登りきると、いつものシングルの登りへ・・・ヤマベッティーニは離脱してアスファルトで途中合流。
そこから湯ーパークまで下り、毛呂Pへ帰りました。

少しダベって、帰路へ。
帰りも城山を登って、帰りました。

日曜日は獲得標高1,604m、消費カロリーは4,900kcalでした。
来週は木島平J2です。
まだ、ダイエットも途中だし、調子も良くないので、当たって砕けろで出場します。
どうも、このままだと雨模様なので、29erじゃないバイクで走るかもしれません。
今週末までしっかり練習して、木島平に備えようと思います。
[PR]
by yuichibike | 2010-06-14 11:02 | 自転車

週末は・・・

土曜日はファンライド主催の富士ヒルクライムのイベントにブース出展していたので、そのお手伝いに行きました。

エントリー人数が5,000人と、規模の大きいイベントで、今回は前日のブースのお手伝いのみでした。
12時からイベント開始だったので、朝8時に会社の有志で集合して、朝ライドしてからお仕事するということで、朝8時に会場到着。駐車して着替え、早速ライド。
とてもいい天気、そして富士山の麓だったので、空気も清清しく、気持ちよく西湖を一周して帰ってきました。
10時過ぎに会場に戻り、お仕事です。

12時の開場前にテントや展示物の設置を行いました。
今回のイベントではサドルをメインに展示しました。サドルは自転車と人間の接触する一番大切な部分。
人それぞれ坐骨の幅が違うので、今回はサドルメーターというベンチに座って坐骨幅を計り、人それぞれに適切なサドル選びができるという設定でブースを展開。
やはり、サドルではお尻が痛い、痺れるなどの悩みを持っている方が多いので、ウチの会社のサドルに皆さん興味津々で来場されていました。
そして2011年モデルで先行手配したモデルの展示、契約アドバイザーのTKのヒルクライムの簡単な講習会などあり、休む暇もないくらいに人が来ていました。
サドルの説明では自分も今まで悩んでいた痛みや痺れから開放された実体験を話したり、製品の特徴について説明すると皆さんかなり真剣にウチのサドルを購入しようと考えられている人が多かったです。
しかも、今日現地で購入できると思って現金を握り締めて来られるお客さんも多かったです。(ゴメンナサイ、ディーラーに行って買ってください。)

そして時間は過ぎ、夕方になり人もまばらになって、夜7時には撤収。
みんなでファミレスで食事して、日曜日のレース組は宿へ、自分は自宅に帰りました。

さすがに立ちっ放しだったので、脚もパンパンで疲れていたのですが、先週の富士見のタイヤのままだった事を思い出して、慌ててタイヤ交換して、就寝。

日曜日はいつもの県人練です。メンバーはヤマベッティーニ、モリタロウ、教祖と自分の4人。
朝7時に集合だったのですが、自走で15分遅れで到着。
いつもの通りに、宿谷から北向地蔵へ。
そこからは物見山からシングルトラックを下り、上に戻って休憩。
また北向地蔵に戻り、ユガテへ。
いつもなら、このルートが終わったら、グリーンラインに戻って終わりですが、今回はガッツリ燃焼系ということで、尾根伝いに走るシングルへ。そこへのアプローチは激坂で29erで2x10では登るのに不利な坂、途中心が折れそうになりながらも、登りきりました。
実は、朝シート高を少し上げたのがいけなかったようで、膝に痛みが出てしまい、登りでは膝の痛みとも戦いながら走りました。
ということで、激坂の登りの後は激下りってことで、あわや前転するくらいのシングルトラックを下り、また登り、顔振峠の茶屋でコーラを注入、膝は痛いままでしたが、尾根道を走り、獅子ヶ滝のシングルトラックを下り、鎌北湖へ。いつもなら旧ユースホステルの脇を登るのですが、ヤマベッティーニがハンガーノック。自分も膝が痛かったので、そのまま集合場所へ戻りました。
それからちょっといろいろと、だべって帰りました。
帰りは膝痛がひどくなり、家に着いたらアイシングして、夜は湿布を貼って寝ました。
再来週は木島平なので、膝の痛みを悪化させないようにケアしながら、練習したいと思います。

体重も成長はしていないですが、なかなか痩せないので、アミノバイタル カプシを飲んで練習に行きました。結構汗もいっぱいかいたので、もしかしたら脂肪燃焼?してるかもです。

普段のローラー台練でも使ってみようと思っています。
痩せて、速く走れるように練習頑張らなくっちゃ!
[PR]
by yuichibike | 2010-06-07 11:54 | 自転車

富士見パノラマ

先週の日曜日はJシリーズ第3戦の富士見パノラマでした。
土曜日入り希望でしたが、家族の用事で当日入りへ。
試走するために4時半起きで出発。会場に7時入り。
前日は晴天だったものの、夜に雨が降ったらしく、コースはウェット。
タイヤのチョイスを確認するために、試走しました。
走った感覚ではFAST TRAK LKでも十分行けましたが、一部ウェットで走りづらいところがあったので、センターノブをカットしたFAST TRAK LKにタイヤをチェンジ。
スタートに備えます。
会場は曇りがちながら、晴れ間も見える感じでスポーツのレースが始まりました。
レースを見ていると、かなり乾いてきている様子で、感じからするとタイヤ交換する必要がなかったかな?と言った感じでした。

会場は高地なので、空気が冷たく、1週間前に台湾から帰ってきた体には寒く感じるほどでした。
なかなか、体が温まらないのですが、アップして体を温めます。

そして11時にエキスパートクラススタート。
スタートは全快のポイントで最後尾より少し前。
周りは知り合いばかりで、身内の戦い?になるようなかんじでした。
そして、スタート。
いきなり落車発生!なんとか避けるも、スローダウン・・・
前を行く選手に付いていこうと走りますが、もう時既に遅し・・・
シングルトラックで渋滞。前回の函館山と同じで、ここでレースの半分が終わってしまいましたが、あとはいかに自分の順位を上げて、その順位をキープするかを考えて走りました。

2周目までは体が熱くて熱くて仕方がないほどで、ジャージの前は全開。腹は恥ずかしいくらいプヨプヨしていますが、そんなのお構いなしでオーバーヒートしないように気をつけます。でも、3周目に入ると完全にオーバーヒート。体のあちらこちらが攣り始め、手まで攣る始末・・・
完全に黄金のタレをかましてしまい、3周目で15人くらいに抜かれました。
もちろんこの周回でタイムアウト。73位。
今回は家族の応援にも、さらに会社の社長の応援にも応えられず、とても不甲斐ない成績でした。
b0136130_12534261.jpg

言い訳や反省点はいくらもありますが、とにかく今は体を絞って、去年の調子が良かったときの自分を取り戻そうと思います。
去年は既に体も出来上がっていましたし、平日もしっかり練習できていたので、今年できていないのがそのままレースの結果になっているのが現状。

次のJ1は白馬なので、それを目標に調整するつもりです。
平均スピードで行くと、今のままでもちょっと前の人達とあまり変わらないので、やっぱり最初のスタートと体の軽量化でまだまだ前は狙えそうな感覚を憶えました。
去年、同じくらいのポジションを走っていた人達と同じくらいの順位までは引き上げられるので、何とかそれを目標に怠けずに練習して強くなろうと思います。

でも、今週はレストですかね。レース終了後から頭痛と吐き気でダウンしているので、ひとまず体を休めて、もう一度作り直そうと思います。

ちなみにエリート女子は梨絵ちゃんがブッチギリで優勝。
男子エリートはFのTKがこちらもブッチギリでした。途中まで山本カズがランデブーしていたのに、何かトラブルでもあったのか4位でした。もう少し頑張って欲しかったですね。
ウチのチームではヤマベッティーニが久々に会心の走りで20位代でレースを終えました。
b0136130_1252407.jpg

ああいうのを見ると、自分も頑張らなくてはと改めて思いました。
今年は絶対に残留して、来年もエキスパートで走れるように頑張りたいので・・・
白馬目指して、トレーニング頑張ります!
って、その前に今月の木島平もエントリー(強制?)したので、頑張ります。
[PR]
by yuichibike | 2010-06-01 12:55 | 自転車